ホーム  >  南海部品 仙台店とは?

南海部品 仙台店とは?

ようこそ 南海部品 仙台店へ

南海部品 仙台店は、1979年にスタートし、
以後30年以上の歴史を積み重ねて来ました。
現在はオートバイ部品・用品の専門店として仕入先メーカー様、お得意様、エンドユーザー様に信頼され、頼りにされる店舗として、その道半ばにいると考えております。
今後さらに期待に応えられる店舗になる為、さまざまな努力と工夫を怠ることなく進めていきます。

現在、南海部品 仙台店では若く行動力あるスタッフや柔軟な頭脳の持ち主が経験を積みお客様にご満足いただけるサービスを行っております。今後とも、南海部品 仙台店は地域のみなさまと一緒に歩んでいきますので、宜しくお願い申しあげます。

南海部品仙台店 外観

南海部品 仙台店ヒストリー

1979年
南海部品 仙台店は最初ダイエー仙台店にオープンしました。

かつてはエレベーターでの来店になるため、買い物をされたお客様がエレベーターからマフラーを担いで出てくるという様子も見られました。

ダイエー仙台店の概要
ダイエー仙台店が面する中央通りは、かつては「新伝馬町」(しんてんまち)、現在は「クリスロード」と呼ばれるアーケード街でした、仙台の中心部商店街の中でも歩行者通行量が多い歩行者専用道路です。中央通りよりもその南側を平行に東西に通る青葉通りが2mほど標高が低くなっているため、ダイエー仙台店の中央通り側の入口はセットバックして小規模な広場が設けられ、階段で数段降りる形になっています。この広場は、物販のイベントや、定禅寺ストリートジャズフェスティバルなどの音楽イベントのステージなどに利用されています。

ホンダのレーサー、F・スペンサー氏が来店

当時、南海部品仙台店ではホンダのレーシングチームを応援していました。後にロードレース世界選手権(WGP)500ccクラスで史上最年少チャンピオンとなる、F・スペンサー氏が来店されました。

Rothmans Tシャツ
1984年
新寺通りに南海部品 仙台店を移転

新寺通りの概要
新寺通り(しんでらどおり)は、仙台市青葉区の五橋一丁目交差点(新北目町ガード)を起点とし、宮城野区の東華中学校前を終点とする仙台市道の愛称です。宮城野通り同様、仙台の東のメインストリートであると同時に、仙台市都心部の五橋と仙塩地区の多賀城市・塩竈市を結ぶ重要な幹線道路としても機能しています。名称は、新寺通りの一本北側の道路である新寺小路に由来し。江戸時代の仙台城下町の道路命名法において、寺社が集中している道は「小路」と呼ばれました。新寺通りの北側には、東西640m、幅10mの「新寺小路緑道」が並走します。

新寺通り:南海部品 仙台店 南海部品 仙台店
1993年
岩沼に宮城店がオープン
岩沼:南海部品 宮城店 南海部品 宮城店
1998年
六丁の目に南海部品 仙台店を移転
六丁の目:南海部品 仙台店 南海部品 仙台店
2001年
蒲生に南海部品 仙台店を開設

東日本大震災について
蒲生地区は、仙台駅から東方約10km、七北田川左岸・仙台港南側に位置する、東日本大震災で甚大な被害を受けた地区です。南海部品 仙台店も多大な被害を受けましたが、みなさまのご協力で2011年6月末に営業を再開することが出来ました。しかし、まだまだすべきこと、できることはたくさんあります。そして、なすべき事は時とともに変わっていきます。これからも精一杯、地域のみなさまと一緒に取り組んで参りたいと思っています。

震災時の様子
SNS  ソーシャルメディア
  • LINE

    南海部品仙台店  LINE

  • Twitter

    南海部品仙台店  Twitter

  • Facebook

    南海部品仙台店  Facebook

  • Instagram

    南海部品仙台店  Instagram

SHOP  店舗情報
店舗外観
オートバイ用品専門店
南海部品 仙台店
■住所
〒983-0013
宮城県仙台市宮城野区
中野五丁目5番地の3
■電話
022-786-1691
■営業時間
AM 10:00~PM 8:00(定休日なし)